大地の大学主催 公開シンポジウム
労働者協同組合法の可能性と今後の展開

2020年12月4日に労働者協同組合法が成立しました。今後、2年以内の政令で定める日に施行されることとなっています。この新法により「協同労働の協同組合」を、準則主義で、誰でも自由に法人として設立できるようになります。

株主が組織を所有・経営し労働者を雇用する株式会社とは異なり、労働者ひとりひとりが対等な立場で組織を所有し、経営し、ともに事業を展開することができます。

ご承知のように1998年に成立したNPO法は、施行から20年余りを経て、私たちの生活のなかで当たり前の存在になりました。今般成立した労働者協同組合法もまた、20年後の日本の姿を、私たちの暮らしを大きく変える可能性を秘めています。自らの意思で、仲間と共に働くことを通じ、私たちの自身の手で私たちの社会を作っていく。今回の公開シンポジウムでは、この労働者協同組合法の狙いと、それによって広がる社会の可能性について、20年以上にわたり労働者協同組合運動に従事し、全国で20以上の仕事づくりを実践されてきた日本労働者協同組合連合会事務局長の高成田健さんにお話をお伺いします。